とくしま公園へ

9月7日久しぶりに徳島公園へ向かいました。暑いので4時半まで待ってからのスタートです。それでも西日がきつい。

バラ園も終わりかけかな。

周回路をゆっくりと走ります。
2周目を頑張って走ります。ベアフット走法でどのくらいで走っているのか興味もありました。
12.27でした。なんとか6分/㎞が見えました。
この走法で初めて10㎞を走りました。この走法以外と楽かも、足の疲れ方が少ないような感じです。
蹴る感覚が少ないというか、蹴らないで自然に前進するのがポイントのような走法なので身に付きつつあるのかな。
綺麗な夕焼けに見送られて帰りました。

風呂上がりに足の手入れに爪を磨くのですが、爪ヤスリや紙ヤスリを使っているのですが最近こんなのを見つけて注文しました。
というのは、紙ヤスリの削り心地が好きなのですがすぐにクニャクニャになってしまうのでこのヤスリに期待しています。

9月ですね

暑いので等とサボってばかりですが時は待ってくれません。10月には10キロの大会にエントリーしています。ベアフット走法も思うに任せなく、9月頑張らないと等と思っていますが、思うだけは勝手ですから。

ベアフット走法をやっていると体に思わぬ変化が現れました。私は、冷え性で特に夏場のクーラーが苦手でした。クーラーの効いたところで一日仕事をしていると足が冷えて、風呂に入ってもその冷えがとれず汗をかきながら布団を掛けるという不思議な寝方をしていました。そのため夏でも靴下は欠かせない物でした。

それが、最近靴下がうっとうしくなり出したのです。そう、子供の時に感じた素足のすがすがしさが戻ってきたのです。この変化は、ベアフットをやり出したからなのかそれともほかの要因なのか不明ですが、サンダルを履く楽しさを味わっています。