とくしま公園へ

9月7日久しぶりに徳島公園へ向かいました。暑いので4時半まで待ってからのスタートです。それでも西日がきつい。

バラ園も終わりかけかな。

周回路をゆっくりと走ります。
2周目を頑張って走ります。ベアフット走法でどのくらいで走っているのか興味もありました。
12.27でした。なんとか6分/㎞が見えました。
この走法で初めて10㎞を走りました。この走法以外と楽かも、足の疲れ方が少ないような感じです。
蹴る感覚が少ないというか、蹴らないで自然に前進するのがポイントのような走法なので身に付きつつあるのかな。
綺麗な夕焼けに見送られて帰りました。

風呂上がりに足の手入れに爪を磨くのですが、爪ヤスリや紙ヤスリを使っているのですが最近こんなのを見つけて注文しました。
というのは、紙ヤスリの削り心地が好きなのですがすぐにクニャクニャになってしまうのでこのヤスリに期待しています。

9月ですね

暑いので等とサボってばかりですが時は待ってくれません。10月には10キロの大会にエントリーしています。ベアフット走法も思うに任せなく、9月頑張らないと等と思っていますが、思うだけは勝手ですから。

ベアフット走法をやっていると体に思わぬ変化が現れました。私は、冷え性で特に夏場のクーラーが苦手でした。クーラーの効いたところで一日仕事をしていると足が冷えて、風呂に入ってもその冷えがとれず汗をかきながら布団を掛けるという不思議な寝方をしていました。そのため夏でも靴下は欠かせない物でした。

それが、最近靴下がうっとうしくなり出したのです。そう、子供の時に感じた素足のすがすがしさが戻ってきたのです。この変化は、ベアフットをやり出したからなのかそれともほかの要因なのか不明ですが、サンダルを履く楽しさを味わっています。

暑さの中、少しずつしか

ベアフットランニングをトライしだして2ヶ月が過ぎようとしていますが、ここにきて出来るのかなと不安が出てきました。理屈は分かっているのですが、体がうまく動いてくれないのです。特に一番大切なフンワリと着地するところがうまくいかないのです。

ベアフットの一番大切なところである衝撃を無くして着地する。吉野さんの本「新走法で速くなる! 裸足感覚ランニング」によると着地する寸前に足を持ち上げる、そんなこと本当に出来るのか。何とか、膝を着地時に柔らかくして少しでもショックを吸収しようとしているのですが、着地時にやはりフンワリとはいきません。

10月には、10キロの大会にエントリーする予定です。トライするしかないのですが、。

ベアフットランニングを目指して

6月に入ってから走り方を変えようとトライしてます。「吉野剛の裸足ランニング」を参考にして練習し始めているのですが、なかなか思うようにいきません。吉野さんも一年くらいかけるつもりでと書いています。今、6キロを三つに区分けして走っています。フォアフット着地はできるのですが、フワット着地が思うようになりませんね。

本の中でも何度もかかれている、着地寸前に足を持ち上げるというのが本当にできるのかなと、、、。

まぁ、始めたばかりなのでこれからです。

走りかたを変えて

吉野剛さんのブログ「吉野剛の裸足ランニング」に触発されて走り方を変えていこうとしています。

吉野さんのブログは1年程前から読んでいて感銘を受け走り方を変えるタイミングを待っていたのです。吉野の本「ベアフット ランニング ステップ バイ ステップ BAREFOOT RUNNING STEP BY STEP」や「新走法で速くなる! 裸足感覚ランニング」を読んで実践し始めました。理解しているつもりなのですが、やはり長年の走りが邪魔をして中々うまく行きません。

シューズは

先日、シューズを買ったものの足に合わずにヤフオクに出品したことを書きました。
結果は、
GT-2000は4,600円で、
GT-1000は3,000円で、
GEL-IMPRESSION2は2,000円と、
中古でしたが買い手が付き売れました。

じゃ、私は次に何を買ったのでしょうか。
GT-1000の25.0㎝を買いに地元のショップに出かけました。
ところが、希望のGT-1000の希望サイズは売り切れて有りませんでした。遅かったかとため息をついていたのですが、他に見つけてしまいました。

それは、最終処分という札の付いたGT-2170でした。サイズも25.0㎝が残っていたのです。価格は、5,980円と半額以下です。安う~。試着してみます。いけそうです。

買ってしまいました。安いと釣られてしまいます。あー、悪い癖ですが、性ですね。

GT-2170は私の参考にしている野村さんのブログで酷評されていた物です。知っていたのに買ってしまいました。試着時点でヒールのホールドが甘く感じました。野村さんも同じことを指摘していました。

試走してみましたが、最初の内はシューズが脱げそうな感じがして頼りなかったのですが、着地をヒールよりすることで脱げそうな感じを少なくすることができました。
このシューズで吉野川マラソンに参加してみようと思っています。

それから、肩が張ることが気になっています。どうやら、歯が腫れだしたようで、手をしっかり振ると肩が引っ張られ、辛くなります。歯も治さなきゃ。

ジョギングすることで体調が浮き彫りされて、この現象は体調管理に凄く役立っています。
ジョギングによる健康管理ができますょ。

日中のランは何ヶ月ぶりか

早くも十月に入りました。暑さに負けてなかなか走れていません。10/27にある吉野川マラソンにエントリーしているので、焦り気味です。
日中に走るのは何ヶ月ぶりだろうか、忘れるくらい前ですね。

9月末なのにまだ30℃近くありますが、重い腰を上げて徳島公園へ向かいました。

かちどき橋からの眉山、なんとか逆光にならずに写ってます。

徳島公園の外周路から望む助任川。城山の木々の蔭なので涼しく、ここまで来るとホッとします。
助任川の川沿いが続きます。

城山の木々はまだしっかり緑、日差しも色濃い。
ここは、徳島駅の裏側なので列車が間近で見られます。

公園内の花壇は、バラが満開。

公園内の周回路(2㎞)を走ります。

1周目 大外を流していきます。
2周目 12.11
3周目 12.10

大会までに、6分/㎞を目指して練習を!! (かけ声だけかも)

ケンチョピアの景色がすごくきれいでした。

※オークションに出していたシューズは全部売れました。今は、以前から使っているアシックスGT-2160に戻っています。

新しいシューズが届いた

新しいシューズがアマゾンからとどきました。

以前からトライしてみたかったスリムサイズです。私は、子どもの頃から幅広甲高の足なので靴を選ぶのに苦労していたのです。幅広い靴は少なく、有っても気に入らないものが多く、仕方がないので大きなサイズで巾を合わせて購入していました。

それ故、ランニングシューズも幅広を選んでいました。ただ、長距離を走るとよく爪を痛めてしまうのでシューズはよい物がないか模索していたのです。そんな時に出会ったのが、野村さんのブログ「プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方!」でした。

このブログでのシューズについての解説は「目から鱗」的なものが沢山あり、その方針をトレースしたいと思うようになりました。ただ、自分の足は折り紙付きの幅広甲高なので少しずつ近づいていこうと考えたのです。足もトレーニングによってアーチができ幅広も変化するそうです。

どうですか、左なんかはOver Gでよ。でも、サイズは24㎝なんです。
そこで選んだのが、ワンサイズ幅の狭い「普通」サイズのアシックスGT2160 25.5㎝でした。幅広でないシューズは初めてでしたが、問題なく使えています。

それで、次のステップとして選んだのが今回のスリムでした。
そのシューズは、アシックスGT2000スリム 25.5㎝です。

早速、足を入れてみます。やはり、きついです。

 
これで走れるかなァ。チョット、不安と楽しみが入り交じってます。

このシューズの中敷きを取り出して足と比べてみました。
 

巾はやはりオーバーしてますが、長さの方はかなり余ってます。
中敷きのサイズを測ってみました。

25.5㎝サイズの中敷きが26.7cmも有ります。
このシューズで果たして走れるのか?

小豆島マラソンまであと3日

5/26にある小豆島マラソンの為の最後の練習をしました。ペースの最終確認の意味で5㎞を6分30/㎞の目標でトライしました。

ホームコースのケンチョピア周辺の2.5㎞のコースを往復します。
往路 15.48
復路 15.33
トータル 33.21 6.16/㎞
と何とかクリアできました。

夜間走行なので本番よりは走りやすいので安心はできませんが、
6.30/㎞だと2時間17分になります。これを目標にします。

風呂上がりで69.6㎏と体重も目標を達成できました。
風呂上がりのビールはお預けです。 (^^;)

眉山一周へ

とくしまマラソンまであと一週間です。トレーニングに励む人々をたくさん見かけます。

今年のとくしまマラソンはとくしまマラソンに向けてで書いたように、参加できません。

 しかし、トレーニングを続けるためにもエアーとくしまマラソンを思いつきました。ゴールデンボンバーのまねですけど。

 意外と面白い物で、どうやって走ろうかとか、目標を考えたりしているとトレーニングにも力が入ってきました。

4/14、トレーニングの仕上げとして眉山一周をトライです。

3時前にスタートします。気温は高く、ウインドブレーカーを脱いで、帽子と日よけを代わりに付けました。

 

 

 

5㎞を一区切りとして、休まず走ってみました。

0~5㎞ 33.51
5~10㎞ 35.46
10㎞~15㎞ 40.13
15㎞~20㎞ 35.36

距離が正確でないのでタイムはいいかげんです。

鮎喰川堤防で一休み。涼しくて気持ちがいい。

2:25.26  7.27/㎞ 69.1㎏

何とかゴールしましたが、㎞7分は切れませんでしたが、70㎏は切りました。